湘北短期大学 受験生サイト

オープンキャンパスNEWS

2022年度 第3回オープンキャンパスレポート

5月21日(土)に第3回オープンキャンパスを開催しました。

今回は、対面形式とWEB配信同時進行の最終回となります。学科ごとに開始時間を分け、感染防止対策を取って開催、保育学科、生活プロデュース学科、総合ビジネス・情報学科に加え、まだ希望学科を決めていない方向けの3学科説明の時間も設け、学科説明、入試説明、学内見学、個別相談を行いました。

この日は各学科の模擬授業を実施し、多くの来場者に受講いただきました。ました。また、総合型選抜2期の受験者向けの模擬授業レポート提出サイトも、同日より本学webページ内にオープンしています。

尚、今回よりナビット君ぬいぐるみを会場内でお渡ししました。(受験生アプリダウンロードいただいた方向け、これまでは郵送)

 

 

お出迎え.JPG案内.JPG手遊び (3).JPG

L学生.JPG先生.JPGA55I9146.JPG

A55I9313.JPGA55I9426.JPG来場者と話す.JPG

ナビット君ぬいぐるみ.JPGA55I9404.JPGA55I9244.JPG

 

次回のオープンキャンパスは6/11(土)、各学科と学科未定の方向け説明を行います。是非ご参加ください(対面のみ開催)。

詳細・お申し込みはこちらから

 

以下は当日寄せられたアンケートの質問への回答です。

 

【総合ビジネス・情報学科】

Q.時間割は決まっているのか。自分で決めるのか。また、夏期と冬期のお休みの期間を知りたいです。

A.コース・フィールドごとの必修科目の時間割は決まっています。その他の選択科目は自分で履修科目を決めて時間割を作成します。

こちらをご参照ください。例年、夏期休暇期間は8月中旬~9月中旬まで、冬期休暇期間は12月下旬~1月初旬までとなります。本年度の日程は夏期休暇期間が8月10日~9月18日、冬期休暇期間は12月24日~1月5日となっています。

 

Q.ゼミではどのようなことをするのですか。

A.ゼミナールでは少人数単位(20名前後)で特定のテーマについて研究や議論などを行います。担当教員によってテーマはそれぞれ異なります。就職支援なども親身になって指導、相談を行っています。総合ビジネス・情報学科、生活プロデュース学科の学生は全員ゼミナールに所属します。

 

Q.就職の際に資格を持っていると有利になりますか。

A.希望する業界や企業に就職するために取得しておくと有利になる資格もありますが、必ずしも資格を取得していないとその業界や企業に就職できないということはありません。

 

Q.資格取得のために大学からどのようなサポートがありますか。

A.総合ビジネス・情報学科では通常の授業自体が資格取得対策になっているというものが多くあります。その他に集中講義などで資格取得対策講座を行いサポートしています。また、担当教員からも指導を受けることができます。

 

Q.必修科目や授業の時間(1コマ)が知りたいです。

A.1コマ90分で、履修する科目によって開始時刻は異なりますが、各授業の時刻は下記の通りです。

1限 9:20~10:50

2限 11:00~12:30

昼休み 12:30~13:20

3限 13:20~14:50

4限 15:00~16:30

5限 16:40~18:10

必修科目は、コースによって異なりますが、カリキュラムツリーの赤字部分が必修科目となります。

 

 

【保育学科】

Q.総合型選抜の1次選考を通過できなかった場合、もう一度受験することはできますか。

A.総合型選抜の受験機会は1度のみとなりますので、再度総合型選抜を受験することはできません。しかし、他学科の総合型選抜を受験することはできます。再度同一学科を志望する場合は、学校推薦型選抜や一般選抜で受験することができます。

 

Q.マイスター制の班メンバーや先生はどのタイミングで変わるのですか。

A.マイスター制の班のメンバーとマイスターの教員は卒業するまで変わることはありません。

 

Q.湘北短期大学にしかない特徴はありますか。

A.本学の学びの特徴は「実践力」「表現力」「コミュニケーション力」を養うところです。他にも、公務員対策を実施しており、公務員の実績が強いのが特徴です。また、本学は他にも学科があるので、他学科との交流もあるのも本学ならではです。

 

Q.スクールバスを利用する人はどれくらいいますか。

A.自転車やバイクで通学する学生は、約1割程度です。

それ以外の学生は、スクールバス、徒歩、神奈中バスなど通学方法は様々です。

現在は、新型コロナウイルス感染予防のため、スクールバスの乗車人数を定員の約半数の35名に制限している中、元気に徒歩で登下校している多くの学生の姿をみかけます。

このページのトップへ