教員一覧

TOP > 教員一覧 > 飯塚 順一

教員一覧(29年度)

近影

  • 総合ビジネス・情報学科
  • 教授
  • 飯塚 順一
  • ショップマネジメントフィールド主任
    オフィスワークフィールド主任
    インターンシップセンター センター長

プロフィール (自己紹介)

温かい心を持った人に出会った時の喜び、嬉しさといった気持ちを大切にしていくうちに、いつの間にか、大学院でコミュニケーション研究に打ち込んでいました。「コミュニケーション」と私の不思議な出会いでした。そんな私にとって、ダークブルーメタリックの愛車も私の気持ちを理解してくれる「コミュニケーション」相手でもあります(笑)。また、最近は、私の研究室にあるお菓子を狙って訪ねてくる学生達の素直な心にも癒される毎日です!

主な担当科目

  • オフィスワーク演習Ⅰ、Ⅱ
  • 組織心理学
  • 現代社会コミュニケーション論
  • インターンシップリテラシー

ゼミナール研究テーマ

コミュニケーション論

高校生の皆さんは、「コミュニケーション」という概念をどのように捉えていますか? 日本語にも訳されずに使われているこの「コミュニケーション」という言葉は、非常に幅広く深い意味を持っています。とにかく「コミュニケーション」というものを、形や表現にとらわれずに追究しようという私のゼミは、「自由な心を持ち、自分らしく生きるために考える」場所でもあります。

学生へのメッセージ

私が主任を務めているオフィスワークフィールドでの演習形式の授業では、様々なビジネスシーンで活用できるスキルを身に付けるトレーニングを行いながら、そこにある意義を深く知ることも重視しています。学内で習得した概念や技術を試す場として、インターンシッププログラムもあり、「自分をさらに高めたい!」という人に最適なカリキュラムが用意されています。

その他

学内での活動

インターンシップセンター長(インターンシッププログラム統括)
オフィスワークフィールド主任(フィールド学生の学習・生活指導および相談)

保有学位および主な教育研究業績(抜粋)

保有学位 修士(国際コミュニケーション) 青山学院大学
教育研究に関すること 研究分野 コミュニケーション論、社会心理学
著書、学術論文等 年月日 発行所、発表雑誌、発表学会等 概要
現代学生論・指導論~距離を置いて指導することの意味と効果(単著) 平成20年4月1日 ヒューマンスキル教育研究第16号 近年、大学や短期大学では、"面倒見の良さ"ということをアピールする傾向が強い。本稿は、初めから全てを教えるのではなく「考えさせる」ことの重要性を説き、学生が卒業後に求められる状況判断力や社会性をどのように身に付けさせるかということに深く言及している。
ネットワーク上でのコミュニケーショントレーニング~Netmeeting使用によるグループワークと表現力の開発事例(単著) 平成20年6月30日 大学教育と情報Vol.17 本稿は、ネットワーク上でのチャット機能を活用したコミュニケーショントレーニングのための授業における直接対面ではなく、間接対面のグループワーク方式のメリットについて言及している。グループ内の意見交換は全てタイピングによる文章表現によるものとなり、全ての学生が、あいまいな表現を多用する日本人的なハイ・コンテクスト環境から、明確な表現で伝えなければならないロー・コンテクスト環境に置かれることとなる。このトレーニングにより、学生の文章表現力や情報収集力、状況判断力の向上などが同時に成果として挙げられることが明確になっている。
ワークで考える現代社会コミュニケーション(編著) 平成21年4月1日 西文社 学生のコミュニケーション能力及びキャリア意識の向上を目的とした授業科目「現代社会コミュニケーション論」のテキストである。現代社会の様々な事象を対象に、コミュニケーション、キャリア、ジェンダー、メディア、社会生活、文化等の側面から、学生に"考えさせる"ためのケーススタディ方式を取り入れている。コンテクスト、性差、アイデンティティ、異文化等、多くのキーワードを軸に、現代の社会生活を深く考え、それを行動に繋げることを目的としている。
ワークで学ぶインターンシップリテラシー(共著) 平成22年4月1日 西文社 キャリア教育の中核ともいわれるインターンシップの事前学習用テキストである。インターンシップの意義や学生としての心構え、業種・職種研究、インターンシップ後のフィードバック等、本書を使用することにより、学生はモチベーションを高め、事前準備やインターンシップ中の様々な体験から何を学ぶべきか、深く理解できるように構成されている。学生がワーク形式で書き込む設問やロールプレイング等、学生が積極的に取り組むことのできる工夫がなされている。
ワークで学ぶビジネス・コミュニケーション・スキル(共著) 平成23年4月1日 西文社 ビジネス現場で求められる能力として、第1に挙げられるのが「コミュニケーション能力」である。コミュニケーション論を専門分野とする大学及び短期大学の教員が集結し、検討を重ねてそれぞれの教育研究現場での豊富な経験を踏まえて理論と実践をビジネスに応用した形でまとめたものである。グループワークによるケーススタディ方式を多く取り入れ、学生が自主的に学ぶことを促す構成のテキストである。
学会および
社会での活動
日本コミュニケーション学会、産業・組織心理学会、日本ビジネス実務学会、日本国際文化学会

学科案内・教育サポート