大学の紹介

TOP > 大学の紹介 > 公的研究費の不正使用防止に関する基本方針及び研究活動における不正行為の防止に対する取組

公的研究費の不正使用防止に関する基本方針及び研究活動における不正行為の防止に対する取組

公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

平成28年2月
湘北短期大学 学長

湘北短期大学(以下「本学」という。)は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)の趣旨を踏まえ、本学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針を以下のとおり定めます。

  1. 責任体系の明確化
    本学は、公的研究費を適正に運営・管理するため、最高管理責任者、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者を置き、それぞれの責任と権限を明確に定め、これを公表します。
    責任体制 役職名 責任と権限
    最高管理責任者 学長 本学全体を統括し、公的研究費の運営・管理について、最終責任を負います。
    統括管理責任者 事務局長 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について、本学全体を統括する実質的な責任と権限を持ちます。
    コンプライアンス推進責任者 財務部長 公的研究費の運営・管理について、実務上の責任と権限を持ちます。
  2. 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備
    本学は、公的研究費の不正使用を誘発する要因の除去に努め、規程の整備、相談・通報窓口の設置、本学内関係者の意識向上を図ること等により、十分な抑止機能を備えた環境・体制を整備します。
  3. 不正防止計画の策定・実施
    本学は、不正を発生させる要因の把握に努め、不正防止に対応した計画を策定・実施することにより、公的研究費の不正使用を防止します。
  4. 研究費の適正な運営・管理活動
    本学は、不正防止計画を踏まえた適正な予算執行を行い、不適切な取引をチェックするしくみを構築し、運用します。
  5. 情報発信・共有化の推進
    本学は、公的研究費の不正防止に向けた本学の取り組みを本学の教職員に周知するとともに、本学内外からの公的研究費の不正使用に関する情報が適切に本学に伝達される体制を整備します。
  6. モニタリングの在り方
    本学は、公的研究費の適正な管理のため、本学全体の視点からモニタリング及び監査体制を整備します。

研究活動における不正行為の防止に対する取組

平成28年10月
湘北短期大学 学長

湘北短期大学(以下「本学」という。)は、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)の趣旨を踏まえ、研究活動における不正行為の防止について、以下のとおり定めます

  1. 責任体系の明確化
    本学は、研究活動における不正行為を防止するため、最高管理責任者、統括管理責任者、研究倫理教育責任者を置き、それぞれの責任と権限を明確に定め、これを公表します。
    責任体制役職名責任と権限
    最高管理責任者 学長 本学全体を統括し、公正な研究活動を推進するため適切な措置を講じる。
    統括管理責任者 事務局長 最高管理責任者を補佐し、研究倫理の向上及び不正行為の防止等の責任者として、適切な措置を講じる。
    研究倫理教育責任者 教務部長 研究倫理教育の実質的な責任と権限を持ちます。
  2. 研究活動における不正行為を防止するための体制整備
    本学は、研究活動における不正行為の防止を推進する為、規程の整備、通報窓口の設置、研究者への倫理教育等により、十分な体制を整備します。
    • ■湘北短期大学研究活動の不正防止に関する規程
    • ■湘北短期大学研究倫理規程
    • ■研究活動における不正行為等の疑いが生じた場合の通報窓口
      湘北短期大学 総務部 soumu@shohoku.ac.jp
      〒243-8501 神奈川県厚木市温水字長久保428番地
      Tel:046-247-3131  Fax:046-247-3667

大学の紹介