学科案内・教育サポート

TOP > 学科案内・教育サポート > 奨学金制度

奨学金制度

大学独自の奨学金制度

湘北短期大学では、下記のような独自の奨学金制度によって学生生活をサポートしています。

平成29年度以降入学者対象

奨学金の概要支給(免除)額(年額)
入学前 「井深 大 奨学金」奨学生制度(免除)
学業成績・人物ともに秀逸な学生で、湘北の2年間を通して他の学生の模範となる活動が期待され、卒業後は社会人として日本経済・社会に大いに貢献する、本学の誇りとなりうる人材の育成を目的とした奨学制度です。奨学生には2年間の学納金(入学登録料・授業料・施設設備費・学友会費)を全額免除します。 2年間の学納金全額
募集人数:2名以内
特待生制度Ⅰ(免除)※現役生のみ
学業成績・人物ともに優秀であり、入学後は他の学生の模範となりうる人材の入学に際して、経済的な支援を行うことを目的とした奨学制度です。 1年次前期授業料
募集人数:30名以内
在学時 学長特待生制度(免除)
本学1年次の学業成績が優秀であり、他の学生の模範と認められる学生で、将来の活躍が期待される人材の育成を目的とした奨学制度です。 2年次授業料全額
認定人数:1名
特待生制度Ⅱ(免除)
本学1年次の学業成績・人物ともに優秀であり、他の学生の模範と認められる学生で、将来の活躍が期待される人材に対し、経済的な支援を行うことを目的とした奨学制度です。 2年次前期授業料
認定人数:30名以内
特待生制度(ソニー株式会社の寄付による奨学金)(免除)
本学1年次の学業成績・人物ともに優秀であり、他の学生の模範と認められる学生で、将来の活躍が期待される人材の育成を目的とした奨学制度です。 2年次前期授業料
認定人数:数名
ワークスタディ・プログラム奨学金制度(給付)
経済的支援を必要とし、学習意欲がある勤勉な学生に対する奨学制度です。募集は年2回。家計状況などを考慮し、面接のうえ選考します。学内の事務的作業に従事することによって、月額5万円程度の学習奨励金を支給します。 月額5万円程度
みずき会の寄付による活動実績優秀者奨学金制度(給付)
みずき会(湘北短期大学同窓会)より拠出される基金に基づく奨学制度です。本学の2年生で、課外活動や学友会活動等において優れた実績を残し、他の模範となる学生に対し奨励金10万円を給付します。 10万円
認定人数:10名以内
国際理解教育奨学金制度Ⅰ(ソニー株式会社の寄付による奨学金)(給付)
短期海外研修参加者を対象に学内選考を実施し、研修費用の一部を奨学金として給付する制度です。研修終了後卒業時までにTOEICを受験し、指定スコア以上得点した場合は別途定める奨励金(400点以上5万円/500点以上10万円)を加算して給付します。 5万円
募集人数:40名以内
国際理解教育奨学金制度Ⅱ(ソニー株式会社の寄付による奨学金)(給付)
総合ビジネス・情報学科観光ビジネスフィールド留学エリア(SELIC)に入学し、3ヶ月の海外留学参加が認められた学生が対象です。諸費用として54万8千円(2016年度実績)を学生に負担してもらいますが、留学先の授業料は特別奨学生として本学が負担します。
湘北短期大学同窓生子女奨学制度(給付)
湘北短期大学の卒業生または在学生の2親等以内の新入生に対して、奨学金として入学登録料の半額相当を給付する制度です。
資格取得奨励制度(給付)
在学時に本学指定の資格を取得した学生を奨励し、報奨金を授与する制度です。 試験受験料相当額~10万円

※平成28年度までの入学者には旧奨学金制度が適用されます。

外部機関による奨学金

日本学生支援機構奨学金(貸与)
日本学生支援機構は 奨学金事業を主たる業務とし、経済的理由により修学が困難である優れた学生に対して貸与します。
※奨学金の内容についての詳細は日本学生支援機構ホームページで確認してください。
日本学生支援機構ホームページ
国の教育ローン(日本政策金融公庫)
入学時や在学中に必要となる資金を融資する公的な制度です。
※ローンの内容についての詳細は日本生活金融公庫ホームページで確認してください。
日本政策金融公庫ホームページ

※地方自治体にて独自の奨学金制度を設けているところがあります。詳細はお住まいの地方自治体に問合せて下さい。


学科案内・教育サポート