教員一覧(2020年度)

生活プロデュース学科

大塚 映

  • 准教授
近影

プロフィール (自己紹介)

医療科目、オフィスワーク科目、キャリア科目などを担当します。専門の研究テーマは、医療経営管理や医療秘書教育、ビジネス実務教育などです。医科大学での秘書やホテルの社長室での勤務経験などがあります。指導する立場になって、学生の皆さんが学習した知識やスキルなどを活かしてきちんと行動できるようになるのを見ると、いつもとてもうれしい思いになります。皆さんがこれから社会で生き生きと活躍することができるよう、ずっと応援していきたいと思っています。オフの時間は、ブラブラ街の散策や素敵なレストランの探索、映画鑑賞などで過ごしています。

主な担当科目

  • 医療業界研究
  • オフィスワーク演習
  • キャリアリテラシー

ゼミナール研究テーマ

ホスピタリティ・コミュニケーションの感性とセンスを磨く

ホスピタリティマインドはお客様・患者様だけではなく、日常生活や職場内外での人との関わりの中で発揮できるものです。相手の心情を理解し尊重した言動を取ることは、信頼関係の構築につながります。社会での様々な状況における人との関わりや接遇について、事例研究や映像鑑賞、グループディスカッションなどを通して考察し、ホスピタリティマインドやコミュニケーションの感性とセンスを磨き、信頼される人柄を目指します。

学生へのメッセージ

2年間の大学生活をとにかく楽しく過ごしてください。授業に・サークルに・友人関係に、様々に興味・関心・視野を広げて、いろいろなことを吸収しましょう。そして、ぜひ自分の大好きなことを見つけて取り組み、また、得意なことは自分の長所として自信をもって行動しましょう。多くの学生さんと楽しく交流したいと思っています。いつでも気軽に研究室に立ち寄ってください。

保有学位および主な教育研究実績(抜粋)

保有学位 修士 (医療経営管理) 国際医療福祉大学大学院
教育研究に関すること 研究分野 医療経営管理、医療秘書教育、ビジネス実務教育
著書、学術論文等 年月日 発行所、発表雑誌、発表学会等 概要
「現代医療秘書 ~役割と実務~」(共著) 平成20年4月 西文社 現代の高度化・専門化・複雑化された医療環境の厳しさの中で、多忙を極めている医師を始めとする病院経営者や部門の管理者が本来の業務に専念できるよう補佐にあたる医療秘書の役割や医療秘書の専門知識と具体的業務、また医療機関の経営・管理、法律、医学・看護など医療に関する基本知識などを学ぶ内容。
「現代医療秘書 ~役割と実務~ 講義用指導書」(共著) 平成20年4月 西文社 上記テキストを効果的な授業展開を行う指導案として、タイムスケジュール、指導方法、留意点、模範解答を記した内容。
「現代医療秘書 ワークブック」 (共著) 平成21年6月 西文社 厳しい医療環境においても質の高い医療が求められる現代において、多忙を極める医師を様々な側面から有能に補佐する医療秘書の具体的な業務を学習する内容。特に、文書業務や応対業務は医療秘書の重要な業務として、その他にも様々な業務を分野ごとに、また総合演習で包括的に学習することができる内容。
「現代医療秘書 ワークブック 講義用指導書」(共著) 平成21年6月 西文社 上記のテキストを効果的な授業展開を行う指導案として、タイムスケジュール、指導方法、留意点、模範解答を記した内容。
「改訂 医療秘書」(共著) 平成29年10月 建帛社 高度化・専門化・複雑化された日本の医療界の現状と、多忙を極めている医師を始めとする病院経営者や部門の管理者が本来の業務に専念できるよう補佐にあたる医療秘書の役割や医療秘書の専門知識と具体的業務、また医療機関の経営・管理など医療に関する基本知識などを学ぶ内容。
「改訂 医療秘書 講義用指導書 」(共著) 平成29年10月 建帛社 上記のテキストを効果的な授業展開を行う指導案として、タイムスケジュール、指導方法、留意点、模範解答を記した内容。
「改訂 現代医療秘書 ~役割と実務~」(共著) 平成30年4月 西文社 上記「現代医療秘書 ~役割と実務~」の改訂版として、多忙を極めている医師や部門の管理者が本来の業務に専念できるよう補佐にあたる医療秘書の役割や医療秘書の専門知識と具体的業務、また医療機関の経営・管理、法律、医学・看護など医療に関する基本知識などを学ぶ内容。
「改訂 現代医療秘書 ~役割と実務~ 講義用指導書」(共著) 平成30年4月 西文社 上記「現代医療秘書 ~役割と実務~ 講義用指導書」の改訂版として、効果的な授業展開を行う指導案として、タイムスケジュール、指導方法、留意点、模範解答を記した内容。
「改訂 現代医療秘書 ワークブック」(共著) 平成31年4月 西文社 上記「現代医療秘書 ワークブック」の改訂版として、多忙を極める医師を様々な側面から有能に補佐する医療秘書の具体的な業務を学習する内容。特に、文書業務や応対業務は医療秘書の重要な業務であり、その他様々な業務を分野ごとに、また総合演習で包括的に学習することができる内容。<
「改訂 現代医療秘書 ワークブック 講義用指導書」 (共著) 平成31年4月 西文社 上記「現代医療秘書 ワークブック 講義用指導書」の改訂版として、効果的な授業展開を行う指導案として、タイムスケジュール、指導方法、留意点、模範解答を記した内容。<
学会および
社会での活動
日本国際秘書学会 (常任理事)、日本医療秘書実務学会(理事、学会賞選考委員)、日本ビジネス実務学会(関東東北ブロック運営委員)、日本医療秘書学会、秘書サービス接遇教育学会、医療秘書教育全国協議会(医療秘書技能検定試験委員)
このページのトップへ