教員一覧(2020年度)

総合ビジネス・情報学科

畠山 望

  • 講師
近影

プロフィール (自己紹介)

私と異文化の出会いは幼少期でした。実家が祖父の代から築地で寿司屋を営んでいたため、様々な国からのお客さんと交流し、異文化を知り、日本文化を紹介する機会がありました。今は英語で書かれた日本文化の情報が溢れていますが、当時は情報を自分で英語に訳しながら外国の方々に伝えるのに苦労した覚えがあります。高校生の時にアメリカにホームステイをしたのをきっかけに、歴史や文化を学び、大学以降はアメリカ合衆国の女性や教育の歴史を研究しています。最近、息子(幼児)を追いかけ回す体力をつけるために、筋トレを始めました!

主な担当科目

  • ジェネラル・イングリッシュ I、II
  • 外国書講読 I、II
  • TOEIC (初級)

ゼミナール研究テーマ

日本文化理解と異文化理解

(1)日本文化を再認識し、世界へ向けて英語で発信する力を養う、(2)特定のトピックについて調べ、異文化への理解を深める、ということを目標にしています。具体的には、日本に住む外国人が日本文化についてディスカッションする映像とテキストを使用し、日本文化や異文化を表現するための英語表現を学習します。同時に、外国の文化背景を調査・分析し、プレゼンテーションや卒業論文としてまとめるトレーニングをします。

学生へのメッセージ

ボストンの留学関連の企業に勤務していた経験がありますが、初日に上司に"You can get reimbursed for the toll fee."と言われました。私は8時間くらいかけて違う街から車でボストンに移動したため、上司は「(高速道路の)通行料金は払い戻しできるからね」と伝えてくれたのですが、それを聞いて、「TOEICに頻出する"get reimbursed"を使っている人を始めて見たっ!本当に使うんだ!」と妙に感動したことを覚えています。そして、この英語表現はその後も忘れることはありませんでした。一つの単語や表現に何度も出会ったり、印象深い覚え方をすると、その記憶は残り続けます。皆さんにもTOEICや英語学習を進める際に、沢山の小さな出会いを繰り返し、自分のものにしていって頂きたいです。

保有学位および主な教育研究実績(抜粋)

保有学位 修士(ニューヨーク州立大学)
教育研究に関すること 研究分野 アメリカ研究、アメリカ史(女性史、地域史、教育史)
著書、学術論文等 年月日 発行所、発表雑誌、発表学会等 概要
「アメリカ合衆国革新主義時代の女性社会運動史再考―ローカルな視点から」(単著) 近刊予定 『言語・文学論集』第20号 白百合女子大学言語・文学研究センター アメリカ合衆国ペンシルバニア州ピッツバーグの最大の社会改革団体の一つであった、アレゲニー郡シビック・クラブの女性活動家の活動手法を詳細に描写することによって、この団体内に存在したジェンダー・ポリティクスを検討した。その上で、ピッツバーグの改革団体の女性メンバーの実情が、全国的に語られる同時代の女性活動家と違っていたことを示した。
「アメリカ合衆国世紀転換期における子供の遊び――社会改革団体によるレクリエーション・パーク建設をめぐって」(単著) 平成31年4月 『言語・文学論集』第19号 白百合女子大学言語・文学研究センター 20世紀転換期のペンシルバニア州ピッツバーグのシェンリー・パーク(都市公園)とアーセナル・パーク(レクリエーション・パーク)の特徴と構造を比較、分析することによって、社会改革主義者と呼ばれる人たちがどのような理念に基づいてアーセナル・パークを建設したのかを検証した。
「ポピュリズムを強化した新しい農民神話」(単著) 平成25年4月 『SELLA』第32号 白百合女子大学英語英文学会 フランク・ノリス著の「オクトパス」を題材とし、アメリカの20世紀転換期の農業従事者の労働環境や鉄道会社との搾取関係を考察し、農業従事者にとっての新しい神話は近い将来の経済成長に対する期待であったと分析した。
キース・L・カマチョ「マリアナ諸島で大戦を記念する日本人」『真珠湾を語る―歴史・記憶・教育』矢口祐人・森茂岳雄・中山京子編 (翻訳) 平成23年12月 東京大学出版会 マリアナ諸島において日本人が第二次世界大戦を記念すること、そしてそれをめぐる様々な対立について考察した論文の翻訳。
学会および
社会での活動
日本アメリカ史学会、アメリカ学会、ジェンダー史学会
このページのトップへ