湘北短期大学 受験生サイト

学生・卒業生インタビュー

卒業生
2020年3月 生活プロデュース学科子どもサービスコース卒業 株式会社スタジオアリス
写真スタジオスタッフ 渡辺 彩恵 さん
神奈川県立 秦野曽屋高等学校出身

委員会に時間を費やし充実した学生生活でした

現在の仕事内容・湘北での2年間・湘北の就職サポート

渡辺さん小.JPG
 
Q:現在の仕事内容を教えてください。
A:ご来店頂いたお客様に、撮影に使用する衣装のご案内、着付け、ヘアセット、撮影、フォトセレクト、
完成した商品の引き渡し等のサービスを提供しています。
 
 
Q:学生時代の経験や学びで仕事に役立っているものは?
A:「オフィスワーク演習」という授業で学んだ電話応対の方法や、「チャイルドケア論」で学んだベビーカーの使用方法や
赤ちゃんの抱き方は、現在の仕事にとても役立っています。また、スーパーのレジ係や室内遊園地でアルバイトをしていたので、
子どもとの接し方を学び、コミュニケーション力を培うことができました。
 
 
Q:湘北での2年間を振り返っての感想
A:湘北祭(学園祭)実行委員会と、出店管理部門の部門長をしていました。
そのため、2年次は、ほぼ委員会のために時間を費やしていたと思います。
空きコマや放課後の時間を使い、朝早くにも大学に来る等、本当に忙しかったですが、湘北の教職員や友達、
多くの方に助けてもらいながら、やり遂げることができました。
 
 
Q:湘北の就職サポートはいかがでしたか?
A:他の大学だと、就職活動についての授業すらないこともあると思うのですが、
湘北では、1年次後期に「就職活動実践演習」という授業を受講し、就職活動について早めに学ぶことができるので準備がしやすかったです。
キャリアサポート課では、面接練習をすることができたり、先輩が残した「就職活動奮戦記」という手記を閲覧することができる等、
就活に役立つものが多く、活用して良かったと思います。
 
 
Q:高校生のみなさん、湘北の後輩にメッセージをお願いします。
A:湘北では、本当にタメになることをたくさん学ぶことができます。
勉強以外にも成長できる機会も多いので、自分から進んで色々なことに挑戦し、楽しい学生生活にしてください。
 
 
2020年7月22日来学。「生活プロデュース概論」の授業で湘北の後輩たちにお話をしてくれました。
このページのトップへ