お知らせ

「特待生制度Ⅰ」のお知らせ

2020年07月22日 08:27

1年次前期の授業料が免除となる「特待生制度Ⅰ」のエントリー期間・試験日程についてお知らせします。
 
【エントリー期間】
7月27日(月)~8月6日(木)
 
【試験日】
8月19日(水)
 
【受験資格、エントリーシートダウンロードなどの詳細】
こちら(本学HP「特待生制度Ⅰ」)よりご確認ください。
 
 
【特待生制度Q&A】
Q.特色は?
A.この制度は、本学を志望し、経済的支援を必要とする生徒が、1年次前期の授業料が免除される「特待生資格Ⅰ」を得るための制度です。
 
Q.実際の入学試験(総合型選抜・学校推薦型選抜・一般選抜)との関係は?
A.特待生資格を得るための選考試験ですので、「特待生制度Ⅰ」に合格後、別途、入学試験(総合型選抜・学校推薦型選抜・一般選抜)を受験し、いずれかの入試に合格する必要があります。
 
Q.合格したあとに「井深大奨学金制度」も受験できますか?
A.受験可能です。
 
Q.特待生資格の有効期間は?
A.選考試験時に志望した学科について当年度のみ有効となります。
 
Q.特待生とそれ以外の入学者の取り扱いは?
A.入学後に特待生とそれ以外の入学生を区別することはありません。ただし、学習や学内の諸活動において積極的な行動を期待します。
 
Q.選考方法は?
A.提出書類(特待生エントリーシート、特待生推薦書)、筆記試験結果、面接結果を総合的に判定します。
 
Q.特待生エントリーシートに記載する内容は?
A.志望する学科、出願予定の入試区分、本学への志望理由、入学後の抱負等を記載してください。
 
Q.特待生推薦書に記載する内容は?
A.高校の先生から見た高校時代の活動状況等を記入していただきます。高校の先生が記入し、高等学校長の印を必要とします。
 
Q.科目の選択について教えてください。
A.国語総合(古文・漢文を除く)を必須とし、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱまたは、数学Ⅰから選択し、2科目受験します。
エントリーする時点で選択科目を申告していただきます。
いずれの科目も、大学入学共通テストレベルを予定しています。
1科目それぞれ30分、合計60分です。
試験の回答は、記述式です。(マークシート方式ではありません。)
 
Q.面接試験について教えてください。
A.志望する学科の教員が面接を実施します。面接は個人面接で、面接官は原則2名です。時間は約10分程度です。
 
Q.筆記試験の過去問題を入手することができますか?
A.オープンキャンパスにて配布しています。(前年度分のみ)
参加が難しい場合やお急ぎの場合は、入試事務局にお問い合わせください。
入試事務局 電話:046-247-3131またはE-mail:nyushi@shohoku.ac.jp まで
 
Q.1年次前期の学納金等の免除額は?
A.入学手続時学納金のうち、1年次前期の授業料を免除します。
総合・情報/生活:42万5千円、保育:46万円
入学登録料30万円・施設設備費11万5千円・学友会費1万円の合計42万5千円は納入していただきます。1年次後期以降は、通常通りの学納金を納入していただきます。
 
Q.他の奨学金(同窓生子女奨学制度、ワークスタディプログラム奨学制度、日本学生支援機構奨学金予約進学等)と併せて受給できますか?
A.他の奨学金と併せて受給することも可能です。
 
このページのトップへ