教員一覧

TOP > 教員一覧 > 山形 俊之

教員一覧(29年度)

近影

  • 総合ビジネス・情報学科
  • 准教授
  • 山形 俊之
  • 観光ビジネスフィールド主任
    グローバルコミュニケーションセンター 副センター長

プロフィール (自己紹介)

中世英語英文学の中でも古英語という古い英語を勉強しています。特にBeowulf という作品についての研究がメインとなります。そのほか、ICT環境での英語教授法について勉強しています。「いかに楽しい授業ができるか」を追求しています。最近は、「登山」を「観光」という観点から見ることをテーマにした勉強もしています。趣味は多趣味ですが、次の2つがマイブームです。

その1
高校生の時からドラムを演奏しています。知る人ぞ知る神保彰氏が僕の神様で、もともとはフュージョンというテクニカルな演奏をカバーしてきました。今は演奏ジャンル問いません。湘北軽音楽部部員として学生とバンドを組みながら毎年新しいジャンルのドラミングにチャレンジしています。

その2
登山とロッククライミングが大好きです。最近は登山ブームで山ガールなども流行していますし、世界遺産に登録された富士山に登る人も増えています。私のおススメは北アルプスです。アルパインクライミングの要素が多く、何度行っても飽きません。海外の山にはあまり行ったことがありませんが、一度クライミングをした韓国の仁寿峰(インスボン)は忘れられません。England(「イギリス」ではない!!)の最高峰Scafell Pike (3205 feet= 977m)にも登りました。羊が放牧されている中の登山はとても新鮮でした。

主な担当科目

  • ジェネラル・イングリッシュⅢ、Ⅳ
  • イングリッシュ・グラマーⅠ・Ⅱ
  • CALL演習Ⅰ、Ⅱ

ゼミナール研究テーマ

TOEIC対策

企業で重視されている英語学力試験がTOEIC L&Rテストです。私のゼミではその対策授業として各パートの解答テクニックを学び、練習問題を数多くこなします。さらにアプリを使った単語力向上や連続トレーニングも行います。大変そうに見えるかもしれませんが、TOEIC L&Rテストでは多くの問題を素早く処理する能力が必要不可欠なのです。試験前には模擬試験も行います。目標は500点を超えることです。

学生へのメッセージ

これまで小学校から数えて12年勉強してきたわけですが、この2年が様々な知識を「教えてもらえる」最後のチャンスです。社会に出てからは独学するしかありません。そして多くの学生が社会に出てから「もっと勉強したい」と思うのです。それでは遅い! この2年間で先生方から様々な知識を吸収し、一人前になって社会に出てほしいと思います。また、英語は他の言語に比べて決して難しくはありません。日本語の方がよっぽど難しいです。知っておくべき基礎を学べばきっと英語はできるようになります。ただし、勉強は楽しくなくては面白くないので、楽しみながら頑張りましょう。

その他

学内の活動

グローバルコミュニケーションセンター副センタ―長、国際交流委員会顧問

保有学位および主な教育研究業績(抜粋)

保有学位 修士(文学)白百合女子大学
教育研究に関すること 研究分野 中世英語英文学 (Beowulf文体論を中心に)
著書、学術論文等 年月日 発行所、発表雑誌、発表学会等 概要
"Shining-Brown": A Study of the Meaning of ME broun(共著) 平成14年3月 『言語・文学研究論集』第2号(白百合女子大学言語・文学センター) 中英語詩において色彩語brounの意味が多義的に用いられていることを指摘し、その語が持つ具体的特性を明らかにすることを試みる
The Significance of Sea Voyages in Beowulf(共著) 平成15年3月31日 『湘北紀要』第24号(湘北短期大学) 英雄詩Beowulfにおいて、単に2つの場面間の移動に過ぎないように思われる航海の場面もまた主人公Beowulfの英雄性を示す要素であることを考察
湘北短期大学におけるCALLシステム活用授業の展開(共著) 平成17年3月31日 『湘北紀要』第26号(湘北短期大学) CALL教育および、CALL機器の変遷を概観するとともに、平成15年度新設の本学CALL演習室における英語教育の事例を挙げ、更なる活用展開を模索する
The Use of Variation in Beowulf(共著) 平成21年9月28日 『「ベーオウルフ」とその周辺』―忍足欣四郎先生追悼論文集―(春風社) Beowulfにおけるvariationの使用が作品構造や、聴衆に対してもたらす影響や効果について考察
学会および
社会での活動
日本中世英語英文学会、国際叙事詩学会、総合観光学会、日本山岳文化学会、厚木市友好交流委員会理事

学科案内・教育サポート