TOP > お知らせ

ゲームを開発★福島Game Jam

2013年08月08日 16:11

DSC07985.JPG8月3日・4日、福島Game Jamが開催され、サテライト会場として湘北短期大学でゲーム開発が行われた。


福島Game JamはITによる福島の復興を目的としたイベントで、2011年にスタートし、今回で3回目の開催となる。このイベントを通じて福島は元気だということを日本国内および海外へと発信するとともに、福島県の次世代を担う若者たちにITスキルを学ぶ機会を提供している。


Game Jamは、制限時間内にゲームを制作する世界的イベントであり、今回は4カ国500名がこのイベントに参加。開会式で発表されたテーマ「JUMP~ジャンプ~」をもとに、各チームが2日間でゲームを制作した。今回初参加となる本学からは情報メディア学科14名の学生が参加し、3つのグループに分かれそれぞれゲームを制作。ジャンプしながら敵を避けるゲームや、限られた足場をジャンプしながら上へ移動するゲームなど、趣向を凝らした3つのゲームが完成した。

DSC04595.JPG
DSC04599.JPG当日は、福島会場や各サテライト会場の様子もUstreamで生中継され、学生達は遠く離れた場所で同じ目標に向かって取り組む仲間と互いに刺激し合いながらゲームを制作できたよう。


参加した学生は「キャラクターデザインやプログラミングなどの作業を分担して行いましたが、最後に1つの作品として完成した時には、大きな達成感を感じました。この経験をこれからの授業やゲームサークルの活動にも活かしていきたいです」と感想を述べた。


この取り組みが、学生の成長はもちろん、日本を元気にする活力となることを期待したい。

 

◆ゲーム完成披露の様子◆

  

  

 

◆学生が制作したゲームは下記URLから実際に遊ぶことが可能です。
http://fgj.igda.jp/dokuwiki/doku.php?id=team:atsugi

HOMEへ戻る

ニュース一覧