オープンキャンパスNEWS

第3回オープンキャンパスレポート

5/26、5/27第3回オープンキャンパスを開催しました。
学科説明、学内見学のほか、保育学科と総合ビジネス・情報学科では模擬授業を、生活プロデュース学科では卒業生講演を実施しました。今回も多くの方に参加頂きありがとうございました。
 
次回のオープンキャンパスよりランチ体験も始まりますのでお楽しみにしていてください。
 
以下は当日寄せられた質問への回答です。
 
【総合ビジネス・情報学科参加者】
Q.委員会は1年と2年で変えることは可能ですか?
A.はい、委員会・サークルへの所属は自由です。かけもちも可能です。
 
Q.専門教育科目・学科内共通科目以外の4つの科目はとらなくても良いか?
A.リベラルアーツ科目、就業力育成科目、国際理解科目は必修となりますので、卒業までに所定の単位数を取る必要があります。フィールドごとの必要単位数についてはこちらよりご確認下さい。
 
【生活プロデュース学科参加者】
Q.AO入試の際に成績は見ますか?
A.AO入試では、出願前に「面談」を行います。「面談」にあたっては「面談申込書」の提出が必要となります。「面談申込書」には、本学が、AO入試を希望される方の高校での学習・生活の状況を把握する目的で、評定平均値、欠席日数、遅刻日数を記載いただきます。 
 
【保育学科参加者】
Q.AOの自己アピールは過去にどんなのがありましたか?
A. 部活動やボランティア活動などで頑張ってきたこと、苦労した事によって成長できたことなどを具体的にアピールしています。
アピール方法はスケッチブックに紙芝居形式で発表したり、模造紙に書いたりと様々ありました。もちろん、口頭のみの方もいます。
 
Q.評定平均がいくつあればいいですか?(学力はどれくらいですかなど複数名)
A.公募推薦においては評定平均値2.7以上で出願できますが、評定平均値のみならず面接点、学校長の推薦書と総合して判定していますので、一概にいくら以上なら入れるという事はありません。
指定校推薦については例年5月~6月に各高校に依頼をしていますので、在籍の高校の指定校が来ているか進路の先生に相談してみてください。
 
Q.面談日=試験日という事ではないのでしょうか?結果通知のあとに出願?
A.AO入試では、面談の結果「出願許可」を受けた方は出願期間内に「出願」(検定料の振込、調査書、志願票などの提出)をします。
その後、提出された調査書、および面談などの結果を踏まえて、AO入試の「合否判定」が行われます。なお、AO入試の合否判定は調査書、面談などの結果により行うため、志願者は来学する必要はありません。
 
Q.ピアノは初めてでも大丈夫ですか?
A.初心者でも大丈夫です。入学後、ピアノの実技(音楽)は必修科目ですので、今のうちに少しでも始めておくことをお勧めします。バイエル60番程度まで弾けるようになっておくとよいでしょう。また、毎年3月に入学予定者を対象とした「初心者・ピアノレッスン特別講座」を実施しています。
 
Q.学校(在学の高校)にどれだけ推薦枠があるのか知りたいです。
A.指定校推薦におきましては、高校ごとに異なりますので、在籍されている高等学校に指定校の有無・および推薦基準についてご確認ください。なお、31年度の募集については各高校に5月~6月ごろ依頼予定です。
 
Q.幼体ノートなどでかわいい絵がたくさん描いてありましたが、どうしたら絵を上手に描けるようになるのかしりたいです。
A.絵や字は毎日のように描く(書く)機会がありますので、練習を重ね、丁寧に描くことを心がけることによって上達します。
 
Q.指定校推薦を第一に考えているのですが、その場合もAO入試は受験できますか?
A.推薦入試とAO入試とでは選考時期が異なります。先に実施となるAO入試を受けて出願不許可だった場合、推薦入試を受験することが可能です。なお、AO入試の選考途中で指定校が決まった場合はその旨入試事務局へお知らせください。
 
Q.特待生制度Ⅰは指定校推薦の人は受験できますか?
A.奨学制度選考試験(井深奨学金制度・特待生制度Ⅰ)と入試は別となりますので、どの入試を受験される方も奨学生選考試験を受験する事が可能です。エントリー資格についてはこちらをご覧ください。
このページのトップへ